2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さよなら、はち。

はち、白黒はちわれ。
小さいけど、気高くて触らせてくれなかったねぇ。

hachi.jpg

今日、外猫のはちを荼毘に付してきた。

はちをはじめてみたのは、平成14年の今頃。
父が亡くなって49日の間、母と実家で過ごしてた頃、
3か月くらいの子猫と親猫が隣の公園にやってきた。
しばらくすると、子猫ひとりになり、
もうしばらくすると、親猫は新たなもっと小さい子猫を連れてやってきた。
この新たな子猫がちびしろ。

うーん、ちびしろと姉妹なんかなぁ?たぶんそうなんだろうなぁ。

いつも、家の小屋のダンボールの中で寝てて
朝ごはんにはダンボールからちょっと顔出して、ゆっくり起きてくる。
争い事には参加せず、怪我もなく、優等生だったよね。

はちに触れたのが避妊手術の時と亡くなる前日と当日だけ。
ほんとうに触らせてくれなかったねぇ。

日曜日まですこーしご飯を食べて、月曜も留守をお願いしてた方が見かけたそう。
この時までは大きな異常はなかったのに、
火曜、水曜といなくて、木曜に帰ってきた時は最期が迫ってるのがはっきりとわかった。
最期に挨拶に来てくれたんだね。
そして、最期を看取らせてくれて、ありがとう。

実は土曜と日曜にちょっとずつ用事があったから、火葬に立ち会えるのは
今日だけだったんだよ。
そんな事まで考えたんかなぁ。
本当に優等生だったねぇ。

お家に入れてあげられなかった事だけ、悔いはあるけど、
でも、はち、大好きだったよ、そしてさよなら、いつかまた。
スポンサーサイト

| OBOG | 23:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。